あいち熊木クリニック院長熊木徹夫の精神科無双夢想 ~<あいち熊木クリニック>開設、その後~
院長である精神科医の熊木徹夫と、建築家の筧清澄が、 臨床と建築に対するそれぞれのこだわりを、余すところなく出し尽くす場としてのブログです。


プロフィール

熊木&筧

  • Author:熊木&筧
  • 熊木 徹夫

    2007.07「あいち熊木クリニック」開設


    筧 清澄
    1968 06 10
    1998 筧建築設計開設

    筧建築設計
    名古屋市中村区下米野町3-29
    k-kakehi@za2.so-net.ne.jp
    TEL/FAX 052-451-9976



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『トンネルに入りゆく恐怖』
こんにちは、あいち熊木クリニックの熊木です。

「あいち熊木クリニック」のご紹介

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


『トンネルに入りゆく恐怖』

        ~ 精神科医熊木徹夫の「臨床公開相談」(1)~
           

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


Q:長距離トラックの運転手で、毎年5万km以上走行してきました。
生活は不規則で、20時間眠らずぶっとおしで走ったり、
3時間だけ車中で仮眠をとったりなんてことを繰り返してきました。

ある日、高速道路を走っていて、
長いトンネルの入り口にさしかかったときのことです。
急に心臓がバクバクしだして、 とても息苦しくてしょうがなくなり、
グワンと頭が揺さぶられるように感じました。

一瞬死ぬんではないかという恐怖に襲われ、
フラフラ徐行の末、トンネルをようやく脱出。

救急車を呼び、病院で体の検査を受けましたが、
どれにも異常が出ませんでした。
そして、精神科に行ったほうがいいとアドバイスされました。

以来、トンネルに入ろうとすると、同じような発作にみまわれます。
もともと車の運転は好きでしたが、
この一件から運転に自信を失ってしまいました。


A:あなたの経験したこの発作には、名前がついています。
「パニック発作」と呼ばれています。
このような発作を引き起こす病気を総称して、「パニック障害」といいます。

普段から体にむちうち、がんばらせすぎている人におきやすいものです。
交感神経(戦闘体制のとき、動物が働かせる神経)が亢進してしまった状態、
すなわち、絶えず体が過緊張の状態になっていて、
その結果体が悲鳴をあげてしまったのだといえます。

一連の発作の経過には、共通した特徴があります。
漠然とした不安感・緊張状態がまずあり、
そこから急に激しい動悸・胸苦しさを
おぼえるところから始まります。
その後、呼吸が荒くなることが多いです。

これは過呼吸発作といって、
酸素が不足している訳ではないのに不安感から息苦しく感じるため、
不必要なまでに酸素を取り込んでしまう現象です。

引き続いて、グルグル目が回るようなめまい
(グワンと頭が揺さぶられるように感じたり、いろいろなタイプがあります)
・吐き気(実際、吐いてしまうこともあります)・
ズキンズキンとくる激しい頭痛・冷や汗・手足のしびれ・震え・腹痛など
様々な身体症状が起こってきます。

そして、頭が真っ白になって座りこんだり、
ひどいときは倒れこんでしまったり。
死にそうな恐怖が襲ってくることもしばしばです。

あまりに激しい自覚症状があるので、救急車で受診されることも多いですが、
身体の異常はほとんどの場合みつかりません(心電図・血液検査などで)。

ただ「呼吸性アルカローシス(過呼吸で酸素を取り込みすぎて、
血液がアルカリ性を示すようになること)」の状態が特徴的で、
これが診断のカギになることもあります。

ひとたびこのような発作を経験すると
、いつまた発作が起こるのかと考えて不安になります
(これを「予期不安」と呼んでいます)。

そして、これがまた次の発作を呼ぶといった悪循環に陥ることになります。
さらに自分でこの事態を克服しようとすればするほど、
自意識過剰になって、泥沼にはまってゆくことが非常に多いのです。

そのため、この疾患ではやはり、あなたが救急科でアドバイスされたとおり
精神科を受診された方がいいと思います。

幸い現在では、標準的な治療法が確立しています。
発作が起こったときには、アルプラゾラムがよく効きます。
(特に発作が起こる直前に服用すると、絶大な効果があります。
普段から、おまもりのように持ち歩いて、
いざとなったら、ポクッと唾でのみこんでしまうといいです。

一般にどの医師も唾でのめなんていいませんが、
水もないところで発作が起きたらこうするしかないでしょう。
幸いこの薬、胃を荒らすような薬ではありませんから)
そして、予期不安をほどくのには、パロキセチンの連用が効果的です。

薬なんかに頼りたくないという方もおられるかもしれません。
しかし仮に精神療法(認知行動療法など)などで治すにしても、
薬物療法を併用しないのは合理的なやり方ではないと思います。

私はパニック障害の患者さんに、よく次のような例え話をします。

あなたは、初めて自転車にのる子供だとします。
いきなり自転車にまたがっても、当然のことながらこけてしまうでしょう。
そこでお父さんなんかが後ろ支えしてくれる訳です。

ゆっくりこわごわと自転車をこぎだすあなた。
フラフラしながら少し前に進みますが、
お父さんが手を離すと、パタリとこけてしまいます。
このようなことが繰り返されてゆきます。

あるとき、スッーと走り出す瞬間が訪れます。
お父さんはそっと手を離すのですが、あなたはその瞬間に気づきません。
ふと後ろを振り返ったとき、ひとりで走っていることに気づくのです。

その時の驚き、そして同時に襲われる不安の感情といったら!
でも、大きな喜びの感情もじんわり湧いてきます。

しばらくすると
、かつて誰かの助けを借りておそるおそる自転車にまたがっていたのが
嘘のように、自在に走り回れるようになります。

この中に登場するお父さんとはすなわち、
薬であり、
それを処方する医師であり、
今あなたが読んでいる私の言葉です。

あなたが自在に走り回れるとき、
すなわちパニック発作から解放されるときは必ずやってきます。
それまで、薬やあなたの主治医におおいにすがっていいのです。
自分の体の対する自信が回復すれば、これらから自然に離れてゆけるものです。
ここで話した例え話をこころにイメージすれば、
今自分はどの段階にきているか理解できるから、不安も軽減されるでしょう。

どうか参考にしていただきたいと思います。



熊木徹夫(あいち熊木クリニック<精神科医・漢方医>)
あいち熊木クリニックのサイト:http://www.dr-kumaki.org/
臨床感覚の広場のサイト:http://www.dr-kumaki.com/
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。