あいち熊木クリニック院長熊木徹夫の精神科無双夢想 ~<あいち熊木クリニック>開設、その後~
院長である精神科医の熊木徹夫と、建築家の筧清澄が、 臨床と建築に対するそれぞれのこだわりを、余すところなく出し尽くす場としてのブログです。


プロフィール

熊木&筧

  • Author:熊木&筧
  • 熊木 徹夫

    2007.07「あいち熊木クリニック」開設


    筧 清澄
    1968 06 10
    1998 筧建築設計開設

    筧建築設計
    名古屋市中村区下米野町3-29
    k-kakehi@za2.so-net.ne.jp
    TEL/FAX 052-451-9976



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじまりへ・・・
seihonn

建築士の筧です。

2007.07.20
図面や打ち合わせ資料は、貼りあわせて製本したものを持ち歩きます。ファイリングする方もいますが、A3の図面や書類が多いのでこうして製本して時間経過に沿って整理していきます。

・・・がクリニックの資料は半端な量ではなく、立てて置いてみたら自立しました!我ながらびっくりです。(笑)

多分、検討資料がコレだけの量のになることはまれだと思います。
いろんな出来事があり、多くの人に助けられ、そして今クリニックが開院を迎えようとしています。

多くの人に支えられたクリニック建設の物語はそろそろ最終章。
そして、誕生する「あいち熊木クリニック」の第一章のはじまりへと続いていきます。
スポンサーサイト

箱の山
0712ダンボール

建築士の筧です。

2007.07.12
新しく届いた家具の箱、医療器具の箱、引越しの箱・・・それらが片付いていくにしたがって、箱の量も・・・・後はこれらを所定の位置に!開院の準備はとても大変です!

転倒防止!
0712転倒防止

建築士の筧です。

2007.07.12
院内の家具が地震時に転倒しないよう金物で固定しました。
最初は意外に広いかも!と思ったカルテ庫でしたが、あっという間に家具で埋まってしまいました。
開院に向けての準備もラストスパートです!

適合証
0712適合証

建築士の筧です。

2007.07.12
この適合証は愛知県がバリアフリーに配慮した建物に与えるものです。
もっと細かい配慮が必要な部分もあると思いますが、無事に適合証を取得することが出来ました。

室名札
0710室名札

建築士の筧です。

2007.07.10
各室には室名札が掛けられました。それらの名前はその部屋に置かれた机の木の種類の名前です。
さてこのけやきの間にはどんな机が置かれているのでしょうか。
クリニックに来院する楽しみの一つになるのではないかと思います。


アクセントカラー
0710椅子セット

建築士の筧です。

2007.07.10
今日はクリニック内の家具を一通り見て、地震で転倒などしないように金物を取り付けて回りました。
待合の荷物もかなり片付いたので、ブビンガの椅子を予定の位置に移動しました。

計画の中でブビンガの木の色をこのクリニックのインテリアのアクセントカラーにしたこともあって、予定の位置に椅子を設置すると空間がとても引き立つのが分かります。

ブーツスタンド
0710ブーツスタンド

建築士の筧です。

2007.07.10
先日みんなで議論した結果誕生したブーツスタンドの完成です!
このスタンドの使い心地については、是非女性の意見を伺いたいところです。
・・・というわけでブログにコメントをお待ちしてます。

窓の風景
0703窓

建築士の筧です。

2007.07.03
待合いにはブビンガの椅子のほかに栗のベンチがあります。
ここに腰掛けて外を眺めるとトネリコ・・・だったかな?の緑が見えます。

日本の建物とヨーロッパの建物は窓の考え方が違っています。
日本は外と内をつなぐのが窓ですが、ヨーロッパの建物は風景を切り取る額縁が窓です。

このベンチに腰掛けながら窓から見える風景は待合いに飾られた絵のように見えます。

コツの要る建具
0703シール

建築士の筧です。

2007.07.03
診察室のアールムーブドアはその開け方にちょっとコツが要ります。

せっかくの建具になるべくシールは貼りたくなかったのですが・・・・使い勝手を考えて最小限貼ることにしました。

どんなコツなのか・・・是非クリニックで確かめてみてください。

穴の開いた机
0703机

建築士の筧です。

2007.07.03
天然の一枚板の診察室の机。
時にはこうした穴の開いた場所もあります。

さてコレは、どの部屋の机でしょう。

フエルト貼り
0703フエルト

建築士の筧です。

2007.07.03
椅子と机の脚にフエルトを貼りました。
床の杉板が柔らかいので少しでも傷がつきにくくなるように配慮です。

ちなみにブビンガの椅子は3人がかりで何とか貼ることが出来ました!
この椅子、誰も動かせないよね・・・フエルトを貼って気付きました。

オンコと槐樹の彫り物
0703シンボル

建築士の筧です。

2007.07.03
「オンコと槐樹の彫り物」が届きました。
クリニックのシンボルとして待合に置かれます。

http://psychi.blog15.fc2.com/blog-entry-52.html

赤錆の縁石
0703石

建築士の筧です。

2007.07.03
アスファルトと植栽は御影石の縁石で区切られることになりました。
御影石にもいろんな色がありますが
「ここには赤錆が似合う!」
と、造園家の意見で決まりました。

どんどん並べられていく縁石が植栽と建物を引き立てます。

シンボルツリー
0703メタセコイヤ

建築士の筧です。

2007.07.03
このクリニックのシンボルツリーになるメタセコイヤです。
この土地に、このクリニックと一緒に根ざして行って欲しい・・・そんな気持ちが込められます。

建物が活きる。
0703外構

建築士の筧です。

2007.07.03
造園工事がはじまりました。
今まで建物とアスファルトの駐車場しかありませんでしたが、ここに緑が入ることで急に雰囲気が活き活きしてきました。
造園と建物のバランスによって建物が活きるのだなあ・・・と実感しました。

スピーカー
0626スピーカー設置

建築士の筧です。

2007.06.26
さて音響設備のスピーカーですが・・・・ここにあります。

目隠しフェンス
0626フェンス

建築士の筧です。

2007.06.26
隣家に迷惑をかけないように目隠しフェンスを設置中。
この目隠しフェンスはその高さを1m20㎝のものを使いました。

ドクターからもう少し背の高いものに変更できないかというリクエストがありましたが、見積もりをとってみたところ1m20㎝を境に材質がアルミになったり風圧に耐えるような部材になるため倍位の値段になることが分かりました。見積もりを見比べてこんなに違うのかとびっくりです。

さて、このフェンス建物の計画でも近隣への配慮で目隠しフェンスにしています。駐車場に車を止める方も前向き駐車でご協力お願いいたします。

やわらかい響き
0626オーディオ

建築士の筧です。

2007.06.26
待合いの音響設備は建築工事ではスピーカーの配線まで用意することになっていました。ドクターからこのステレオを使いたいので設置して欲しいと依頼が・・・・・10センチくらいのキューブ?え!コレがステレオ??小さ過ぎないか?

想像していたものとかなり違ったので設置するにはかなり勇気が要りましたが、設置して鳴らしてみるとなかなか良い響き。思ったよりもパワーのあるステレオのようです。

杉板の壁や天井がほどよい反射板になっているのでしょう。柔らかい音が待合の中に満ちていくのが分かります。

すわり心地良好!
0626椅子

建築士の筧です。

2007.06.26
ドクターが家具屋さんで一目ぼれしたという椅子が到着。
椅子は見た目も大切ですが座り心地はモット大切!
早速自分のお尻でチェックです。
相棒も隣の椅子に座ってみて「・・・・良いんじゃない!」

さすが一目ぼれした家具!すわり心地も抜群でした。

微調整中
0626建具引き手

建築士の筧です。

2007.06.26
現場では建具や電気配線の微調整中・・・
荷物を運びながら職人さんたちの仕事も確認です。

特に建具は使い出して一月ぐらい様子を見て、調子の悪い部分を調整します。建物は引き渡したときが終わりではなく、長く使うためのお付き合いの始まりですね。


家具運搬・・・
0626ロッカー

建築士の筧です。

2007.06.26
今日届いた家具の中で一番大変だったのはこのロッカー!
階段の幅ぎりぎりの大きさです。

照明器具を外して運搬経路を確保して・・・んーーー、よし通った!
・・・と何とか2階へ運び込むことが出来ました。

良かったね。無事に運び込めて!とみんなで顔を見合わせます。

さーて、あと2本!?

日暮れまで・・・
0626荷物

建築士の筧です。

2007.06.26
凄い荷物の量だったのでちょっとだけお手伝い・・・・のつもりでしたがどんどん届きます。気がつけばすっかり夕方。

久しぶりにいい運動しました!(笑)


どさどさ!
0626引越し家具

0626電化製品

建築士の筧です。

2007.06.26
リタッチが全て終わったころ、トラックが相次いで到着。
どさどさどさ・・・と荷物が届きました。
待合は荷物の津波です!

そしてドクターの一言「片づけが大変です。」

是非素足で!
0622パテ

建築士の筧です。

2007.06.26
節をどうリタッチするか!
ペーパーを当てたり、パテで埋めたりしましたが、どうしても微妙に引っかかります。

いろいろ考えて微妙にひっかっかるバリをカッターで切り取ってからパテで埋めることにしました。コレでかなり改善されたと思います。・・・でもストッキングはちょっと心配かな?

みなさん是非来院の再は素足で歩いて頂きますようお願いいたします!

リタッチ!
0626検査

建築士の筧です。

2007.06.26
先日チェックした節の数々・・・今日はドクターから、さらに厳しくチェックを受けました!リタッチです。

・・・・床は付箋だらけ。片っ端からリタッチです!!




ALSOKランプ
0622アルソックランプ

建築士の筧です。

2007.06.26
施主検査が終わり、鍵がドクターに渡されると建物の引渡しです。そしてしばらくすると・・・・どばばばっと荷物が届きました。

さて、引渡しが無事に終わったため今日から建物の警備が開始されます。ランプが取り付けられましたが、このランプが光ることが無いとよいですね。

栗の板の建具
0622建具丁板

建築士の筧です。

2007.06.26
今日は検査を兼ねて、建物の取り扱い説明も行います。
「この建具はそっと使ってくださいね。」と現場監督から説明がありました。

ドクターのリクエストに答えてカウンターの端材で作ったのですが、とても重いので少しでも軽くするように建具職人が削って少し薄くするなど細かい調整をしています。しかし天然木なので後々反りなどの問題も発生する恐れがあります。もちろんそれらを承知で使う価値がある板なのだと思います。

普通の建具なら枠で止まるところが重さのため跳ね返ります・・・このクリニックにしかない建具は、この建具用の使い方を求めるようです。
早くスタッフの方が慣れてくれればよいなあと思います。

ブーツ!?
ブーツ

建築士の筧です。

2007.06.26
ブーツを履いて来ても良いようにブーツ置場を作りたい。

実は難問です!履いたことが無いので問題点が分からない!!
それぞれが妻から聞きかじった情報を持ち寄って打ち合わせしましたが・・・・やはり有効な解決策には至りません。

・・・そこへドクターの奥様が登場し、ついに難問解決!!早速作成です。

楽しみは先送り!
机

建築士の筧です。

2007.06.26
今日は施主検査&荷物搬入です。
買い付けに行った一枚板の机も今日が搬入予定です。

本来は備品なのでドクターが手配するものですが、建物との取り合いがあるのでドクターに代わって手配しておいたのですが・・・・連絡が無い!
「??」と思って連絡を入れると「あれー26日以降に持って行きますって言わなかったけー。」とのんびりした様子。
電話口でおじさんのゼンマイを一生懸命まいて28日に届けてもらうことになりました。

ちぇっ。今日届くのを楽しみにしてたのに!(笑)

節 フシ ふし
0622杉床

建築士の筧です。

2007.06.22
床は天然の杉の厚板を使用しています。
薄い板と厚い板は見かけは分からなくても歩いて見ると違いを感じます。こうしてみると本当に人間の感覚がデリケートなのが分かります。

さて、本題は杉板の厚さではなく「節」の処理です。天然の素材ですから必ず節があるのですが・・・・いっぱいあります。靴下やストッキングに引っかからないようにとペーパーを当てました・・・・後は施主検査でドクターのチェックです!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。